読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出ブログ

忘れないように日々の出来事を記録する事にしました。

2015 6月10日(水) 父が倒れる

会社からの帰宅途中に母親から電話が鳴る。

いつものどっちでもいつでもいいことだろうと

気軽に「今電車ー」とメールで返信する。

乗換の時に折り返しすると、お父さんが脚立から落ちて

頭を打って救急車で運ばれたと。

慌てて搬送先の病院に吉田くんと向かった。

 

救急車で搬送された病院は手術室がいっぱいで

そこから車で急げば20分くらいで着く脳外科専門の病院に移送。

 

緊急手術しか道はないというのに、医者は「こんな後遺症が残るけど

いいか」だの、「死ぬことも覚悟しなくてはいけないけどいいか」と

聞いてくる。「いいから早く手術してくれ、頭にどんどん血がたまる!」

と言っているのに、大量の書類にサイン要求してくる、早くしてくれ!!

 

夕方4時過ぎに搬送され、レントゲンを取り、あーだこーだして

 手術が始まったのが夜の9時半過ぎ。最悪だ。

 

頭半分の骨が外されて、取れるだけの血を取って

なんとか無事に手術が終わった。夜中12時ごろ。